Edanz

日本法人:福岡市中央区港2-12-13 エダンズBld.

フリーダイヤル:0120-554685 / Tel:092-715-7208

お問い合わせ

校正会社概要

1995年創立の英文校正会社。日本及び中国に法人がある。これまでに総数1万8000人以上、8万稿の英文校正を提供してきた。


2017年7月に校正料金プランが改訂され、文法チェックを中心とする6円/語のサービスと、より論文内容に踏み込んだ11.5円/語のサービスの二種類となった。

取り扱い分野

全分野

原稿形式

MSワード、エクセル、パワーポイント、TeX/LaTeX

支払い

クレジットカード/Paypal/銀行振込/公費

サービス概要

スタンダード英文校正

誤字脱字や文法のチェック、意味の明確化を主とした校正を行う。基本的には文単位レベルで、英語として正しいかの確認が行われる。論理の流れや構造など、原稿内容に深く踏み込んだ校正は行われない。また、ジャーナルの投稿規定を参照してのフォーマットチェックはプランに含まれない。

担当を行う校正者は、アカデミックライティングの経験は豊富だが、専門分野に特化した校正やSCIジャーナルへの投稿経験がないエディターとなる場合がある。


エキスパート英文校正

スタンダードの内容に加え、適切な科学的表現となるよう修正を行い、研究の新規性・有用性をより明確にするよう、論文内容に深く踏み込んだ校正を行う。著者のフィードバックを踏まえた2回目の校正(無料)を行うことで、著者の意図を論文内容に正しく反映させ、論文の英語を国際ジャーナルの水準まで引き上げること到達点としている。ジャーナルの投稿規定を参照し、規定に従っていない場合には、コメントにて指摘が行われる。

担当を行う校正者は、専門分野のPhDを保有するなど、原稿の分野に特化した専門家エディターとなる。


リライティングサービス

複数の論文を1本の論文にまとめる、また、査読後の論文を大幅に修正するなど、原稿の全面的な再構築を含むサービスとなる。校正料金は15000円/時間となり、予想される作業時間から事前の見積もりが行われる。


エキスパート英文校正では、査読結果を受けて修正した原稿について、5円/語で再校正を行っている(原稿の一部だけの再校正にも対応)。ただし、スタンダード英文校正の場合には、再校正サービスが提供されていないため、新規原稿としての取り扱いとなる(原稿の一部のみを校正することは可能)。


料金と校正速度

スタンダード英文校正

校正料金:6円/語  納期:3営業日

・7500語を超える場合には、7500語毎に1営業日が加算される。

・支払いは、クレジットカードまたはPayPalのみとなる。

・領収書は校正完了後のメールが代替(社印入りの領収書ではない)

※最低料金3,000円


エキスパート英文校正

校正料金:11.5円/語

通常納期

準エクスプレス

エクスプレス

納期

3営業日

2営業日

1営業日

追加料金

-

+28%

+50%

・7500語を超える場合は、7500語毎に1営業日が加算される。

・クレジットカードでの支払いの場合には10%引きとなるが、請求書等の発行は行われない。

※最低料金5,750円。また、消費税は各サービスとも別途加算される。

Back to Top